★複素平面上のフラクタル(2)

 
複素平面上の漸化式で定義されるフラクタル図形として有名なマンデルブロ集合とジュリア集合についてのサイトです。
 
自己平方フラクタル 複素2次関数 f(z) = z2+A を使って、ある限られた複素平面上の各点について収束・発散の状態を調べて作図します。
マンデルブロート集合 ある限られた複素平面上の複素定数Cについて、複素2次関数 fc(z)=z2+C を考えます。
ジュリア集合 方程式 f(z)=0 の近似値を求める場合に、数列{zn}が収束しないような点(初期値z0 の集合がジュリア集合です。

【注】 右の画像は、自己平方フラクタルで扱ったジェネレータによる実行例の1つです。

目次(大項目)にもどる