★大学入試センター試験_数学

 入試センター試験_数学 についての概要と 「数学T」 「数学TA」 「数学U」 「数学UB」の試験問題とその解答を示します。
大学入試センター試験_数学 の概要  出題科目.・試験時間・配点・科目選択の方法などについて説明しています。
2009 「数学T」  第1問から第3問はほぼ昨年と同程度ですが、第4問は題意がややとらえづらい問題になりました。
2009 「数学TA」  計算量は減りましたが、題意を正確にとらえるのに手間取る問題が多かったようで、時間的に厳しかったとようです。
2009 「数学U」  3番が易しくなり、他の問題の難易度も昨年並みでしたので、全体の平均点は昨年と同程度であると思われます。
2009 「数学UB」

 必答問題がやや難化した一方で、選択問題がやや易化したことから、全体としては昨年並みの平均点になるでしょう。

2008 「数学T」  出題された大門の構成は昨年と同じで、内容の難易度は少し易しくなっています。ボリューム感は薄いようです。  
2008 「数学TA」   第4問は易しくなって、第1問と第2問が昨年よりやや難化したので、全体の平均点は昨年並みに落ち着くと思われます。
2008 「数学U」   昨年と同様の4題構成で、出題分野も昨年と同様で、全体の平均点は昨年並みに落ち着くものと思われます。 
2008 「数学UB」 

 必答問題がやや難化した一方で、選択問題がやや易化したことから、全体としては昨年並みの平均点になるでしょう。 


 目次(大項目)にもどる