★JavaによるCGの作成

 いろいろなCGを描くために必要な事項を、Java(アプレット)のプログラムを通して実践的に学習していきます。
 
正葉曲線を描くプログラム 極方程式 r=a*sin(m*θ/n) が表す正葉曲線を変形して、いろいろな 「花びら」を描いてみました。お楽しみください。
コッホ曲線を描くプログラム  フラクタル図形のコッホ曲線を高速度で描きます。また、それを応用して、「雪の結晶」を描いてみました。
Java によるカラーの扱い方 JavaではRGGやHSBの数字を指定して、さまざまな色を表示することができます。詳しくは、このサイトをご覧ください。
アニメーション  Javaによってアニメーションを作成する技法について解説します。「球の壁面衝突運動」などの見て楽しい実例を示します。 
平面図形の幾何学的変換  図形の回転と隠れ線消去の技法を応用して、扇子の開閉シミュレーションを作ってみました。 
立体図形の軸測投影図  アプレット上でマウスをドラッグすると、軸のまわりに回転する図形の動きを観察することができます。 
3次元データの各種表示法  関数 z=f(x,y) として与えられている3元データを可視化するための色々な方法を紹介します。 

目次(大項目)にもどる