★Javaによるフラクタル図形

 プログラミング言語 Java を使って、いろいろなフラクタル図形に挑戦してみました。パソコンの画面上で図形を操作することが可能です。
 
セルオートマトン(その1) セルオートマトンというのは、簡単なルールに従って、時間の経過とともに機械的に発展する細胞状の要素の集まりです
セルオートマトン(その2) セルオートマトンの1次元モデルを重ね合せて、カオス的な様相を作ります。
ジュリア集合 ジュリア集合は、フランス人の数学者ジュリアが発表したもので、複素数定数の値に応じて奇妙な図形が得られます。
階層多重的内接円 「円の中に一定数個の内接円を描き、それらの内接円の中に一定数個の内接円を描く」 という操作を必要回数だけ繰り返します。
マンデルブロ集合 円のまわりに「こぶ」のようなものがいくつもできる不思議な図形で、こぶの部分を拡大してみると、同じようなこぶが無限に現れます。
ジュリア集合 複素数定数の値に応じて奇妙な図形が得られます。拡大したい範囲を指定すると、同じような図形が何度でも現れます。
コッホ曲線(その1) 「線分を細かく描く」処理を繰り返すことによって得られる図形です。繰り返す回数nの値を大きいと曲線のように見えてきます。
コッホ曲線(その2)  コッホ曲線を描くためのプログラムを応用して、海岸線・島や雲の形・雪の結晶などを描きます。
樹木曲線(樹形図) 再帰的に樹木曲線を描いて、枯れ木に花を咲かせます。さらに、乱数を用いて花の色や木の大きさをランダムに変化させます。 

目次(大項目)にもどる