★数学をパソコンで学ぶ!

 
数学の学習にコンピュータを利用することの視覚的効果は絶大です。その実践例の幾つかを紹介します。教材開発の参考にしてください。
   
剰余グラフと原始根の判別 初等整数論の基本的な事項<素数・剰余式・フェルマーの小定理・原始根>を学習します。  
Weierstrassの連続関数 有名な「いたる所で連続で微分不可能な関数」のグラフをパソコンで描きます。  
ロジスティック写像によるカオスの生成 生物種の増殖・絶滅といった自然現象の中でカオス状態が生じる様子をロジスティック写像を用いて観察します。  
正多面体のオンパレード 陰面処理された5種類のすべての正多面体を描き、回転や拡大によって、自由に変化させます。  
サイクロイドの仲間たち サイクロイド・内サイクロイド・外サイクロイドなどの曲線をシミュレートして描きます。  
モンテカルロ法による円周率の近似値 10万個の乱数を発生させて、確率実験を実行します。その計算経過を観察してください。   
複素関数のグラフ 等ポテンシャル線と流線が互いに直交する曲線群であることを確認します。  
数論…”数”の不思議なからくり 素数・メルセンヌ数・完全数・友愛数・婚約数ついて詳しく解説します。   
巨大数の計算をパソコンで!  コンピュータで扱える数値の桁数に制限がありますが、工夫によっては巨大数や微小数の計算も可能です。  

目次(大項目)にもどる